口座数約4,000万の「Yahoo!ウォレット」にスマホ決済機能を追加。

電子決済.comです。 今日は、Yahooの新決済サービスのおはなしです。

 

2018年4月よりドコモの「d払い」でQRコード決済が始まりましたが、あまり話題にはなっていないようです。

メガバンク3社もシステム投資などを共同で行う新会社設立を検討しているそうですが、今年6月よりyahooからもスマホでQRコード対応するそうです。

プレス発表記事はこちら↓ ↓ ↓

https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/03/28a/

「Yahoo!マネー」(電子マネー)のみが対象ですが、払込票に記載されたバーコードを読み取り、自宅などで税金や公共料金を支払える「税金・公共料金のバーコード決済」の提供を4月より開始したそうです。

IT Media記事

バーコードによる決済方法は、
1. 「Yahoo! JAPAN」アプリ上に表示したバーコードを、店舗の端末やレジに提示する「みせる」決済(2018年6月開始予定)
2. 店舗側の表示するバーコードを、「Yahoo! JAPAN」アプリでスキャンする「よみとる」決済(2018年秋開始予定)

と、2通りの方式を提供するそうです。(バーコードは、1次元バーコードとQRコードに対応。)

 

実店舗への影響

2018年3月27日時点の電子マネー「Yahoo!ウォレット」口座数:3,984万だそうですが、あくまでインターネット上での決済手段なので、リアル店舗で決済に使うアクティブユーザーはどれくらいになるのでしょうか?

2016年5兆円を超えた電子マネー決済ですが、リアル店舗で利用されているトランザクション数や利用金額では、nanacoやWAONが圧倒的に多いはずです。(Suicaなど交通系電子マネーも)

QRコードをスマホで見せる決済は、レジの処理時間が電子マネーをかざすことよりも表示させるための時間や、読み取るタイミングがあったりして遅くなってしまうものと予測します。

ネット通販などがアプリを使ってコンビニなどで決済をさせるしくみを想定すると、クレジットカードを持たない人向けになるので、どれだけ普及するのか疑問を感じます。

 

個人商店でも手軽に採用出来る「よみとる決済」が、秋口にスタートするようなのでそれからが勝負になるのではないでしょうか?

中国本土を席捲したAlipay、We Chat Payはクレジットカードに紐付かない方式なのですが、日本の場合は楽天payなどQR決済にクレジットカード払いを組み込んでいます。

ドコモは、携帯料金決済というしくみを持っているので「d払い」にQR決済を入れることにメリットを感じます。

電子マネーとしてのYahooウォレットが、実店舗決済でどれほど影響を持てるのか?Watchしていきたいと思います。

 

追伸

2018年7月末「paypay」という会社となり秋ごろデビューの予定

地方で広まっている電子地域通貨、「さるぼぼコイン」とは?

電子決済.comです。 今日は高山市で普及している電子通貨のお話です。

 

昨日2018年1月17日のWBSで、岐阜県高山市で飛騨信用金庫で展開している「さるぼぼ」の紹介が放映されていました。

HPは、こちら↓

www.hidashin.co.jp

f:id:oosakazamurai:20180118212016p:image

さるぼぼコイン

スーパーマーケットで「さるぼぼ」決済を見ましたが、自分でスマホアプリから金額を打ち込んで、店員さんがそのスマホで決済作業をするようでした。

現在は、プリペイドカード同様に飛騨信用金庫でチャージする必要がありますが、2%のプリミアがつくようです。

上限金額10万円です。

プリペイド型の電子マネーでは、Edyなどがありますが、加盟した店舗の人が語っていましたが、読み取り装置などの初期費用がかからないことが魅力のようでした。

次のステップで、口座引き落としやクレジット引き落としなどに対応出来るようです。

外国語対応も出来るようになりますが、外国人旅行客に利用してもらうには、アプリをダウンロードしてクレジット決済するまでが大変なのではないでしょうか?

ただ、地域通貨の実証実験で多額の補助金を使って失敗してきたことを考えると、QRコードだけ用意すれば加盟店になれるのはすごくメリットがあります。

【他地域では?】

※伊予銀行でも、同様の電子地域通貨を社員レベルでテストするそうですが、松山では2005年より伊予電鉄からICい〜カードが導入されています。

Suicaなどの電鉄系の電子マネーとは連携していない、独自のICカード(sonyのFelicaカード)なので、店舗などでの利用が普及しなかったのでしょうか?

現金決済が多い日本で、スマホ決済が普及するのか?は、もしかして地方発の方が都会よりも早くなるのでは?  

商店街店舗に是非使って欲しいクレジット、電子マネー端末

電子決済,comです。 今日は商店街のお話です。

シャッター商店街

商店街がシャッター通りになっているところは全国に多くあります。

f:id:oosakazamurai:20171026110839j:plain

都会でも人が集まらない商店街があります。

各地の商店街で色々な試みをしているのですが、過去、補助金を無駄にしてしまったケースとして『電子マネー』を使えるリーダーライターの設置です。

「suica,pasmoが使える商店街」として名乗りを上げたのは、五反田・品川、目黒区、町田、墨田区、などありましたが電子マネー端末が30万円以上していたそうです。

↓シーアール総研が提供していた端末

f:id:oosakazamurai:20171028154936j:plain

せっかく補助金をもらいながらPASMOが使えなくなってしまった商店街はその後どうしているのでしょうか?

クレジット決済を採用

Square、渋谷区幡ヶ谷、西原、笹塚地域の10商店街の地域振興事業に採用という記事があり、安価なクレジット端末を採用している商店街はあります。

電子マネーもクレジットも!

補助金に頼らずにポイントや電子マネー、クレジットを採用する商店街に自由が丘商店街などが採用したJ-MULSがあります。

f:id:oosakazamurai:20171026110843j:plain

三菱東京UFJ、JR東日本などが共同開発したマルチ端末です。

今年に入ってから更にハードルが下がりました。

楽天が提供する「楽天ペイ」 リクルートが提供する「Airペイ」カード決済AirPAY

どちらも低い手数料率で「クレジット」も「電子マネー」も「スマホ決済」まで扱うことが出来、ポイントについても対応するマルチ決済端末を提供しています。

楽天ペイはユビレジなどPOSアプリと連動することで利便性を上げていますが、リクルートのAirペイはAirレジと連動することで使い勝手が良くなります。

低コストで他にも予約や受付管理できるアプリもあります。

キャンペーン

6ヶ月以内にAirペイを使って6万円以上の決済を行うことで端末代金がキャッシュバックされるキャンペーンを行っています。

スマホかタブレットとモバイルプリンターがあれば、簡易ではありますが中身は立派なレジとして使い勝手も抜群のものが、毎月使用料を払うことなく手に入ります。

「Airペイ」採用は、商店街をあげて取り組むべき課題と思います。

補助金無しでも立派に使うことが出来る優れものです。

現金以外の決済が広がってきています

電子決済.comです。国内でも現金以外の決済が進んでいるようです。

 

クレジットカード

皆さんのお店ではクレジットカードが使えますか?

現金以外での決済には、クレジットカードの他に電子マネーやモバイル決済が広がってきています。

Suicaなどの交通系電子マネーは20000円以上プール出来ないので小口の決済が多いですが、Edy,Waon,Nanacoなどすべての電子マネー決済金額が2016年は5兆1436億円に達しているそうです。

クレジットカードを扱うにはタブレット端末に差し込むSquareのようなものから、リクルートのAirペイ、楽天ペイなどのモバイル型読み取り機を使うものなど競争が進み決済手数料率3.25%前後から利用できるようになりました。

電子マネー

今年の夏前後より楽天やAirペイの端末で電子マネー決済も出来るようになりましたので、電子マネー決済のハードルが低くなりました。



それから端末無しでも決済できる「モバイル決済」ですが、外国人観光客相手のお店では検討する価値があるかもしれません。

AlipayやWeChat Payなど中国系のものからBitcoinやLinePayなど複数のサービスがすでに始まってきています。

一昔前では、電子マネー決済端末が30万円とかする時代がありましたが、楽天payもAirペイも19,800円前後でキャンペーンを利用すると無料になります。月々の使用料も安価となり決済手数料も安くなるので、CAT端末と呼ばれる昔のクレジット端末を利用されている店舗様はこの機会に電子マネーも決済出来るものに変更する検討をされてみたらいかがでしょうか?

 

こちらに最新情報をアップしていますのでご参照下さい。

電子マネーの説明