クレジットカード決済を支配していたCAFISとの闘い!

電子決済.comです。 長年国内のクレジットカード決済を行ってきたのは、NTTコミュニケーションズが張り巡らしたCAFISという信用情報をチェックするしくみです。

 

CAFISとは?

CAFIS(キャフィス)は、英語: Credit And Finance Information Switching system の略で、NTTが開発して、NTTデータが運営する主にクレジットカードを中心とした共同利用型のオンラインシステムである。1984年にサービスを開始した。

クレジットカード会社と加盟店間をオンライン回線で結んで、利用限度額やカードが不正使用されていないか等の有効性のチェックを行う。加盟店はCAFISを通じてCAT(信用照会端末)から利用されたカード会社のホストコンピュータにアクセスしている。

by:ウィキペディアより

<イメージ画像>

出典:NTTデータのCAFIS公式HPより転記

ひらたく言ってしまえば、ほとんどのクレジット決済についてCAFISを経由して手数料を取られるしくみが出来上がっているということとなります。

この高止まりしている既存のCAFISに対抗し、クレジット決済手数料をモバイル端末を使い3.25%前後と安価にしたのが米国発のSquareという会社です。

(JCBは高めで3,95%)

純粋な日本の会社でも同様のモバイル決済サービスが始まって、「Coiny」や「楽天ペイ」、「AirPAY」などがサービスを継続中です。

 

旧式クレジット決済vsモバイル決済vsQR決済

電子決済で1番普及しているクレジット決済は、国内でも50兆円を超えています。

旧式のクレジット決済は、CAT端末と呼ばれる専用の処理機を購入してCAFISで信用情報をチェックした上で処理されます。

5年ほど前より乱立している「モバイル決済」も同様に信用情報をチェックしていますが、処理端末費用や決済費用が安価な設定となり、今までクレジットカードを使わなかった中小店舗でも普及が進みました。

そのクレジットカードのモバイル決済を処理する端末はこんな感じです。

出典:square公式HPより

クレジットカード非接触IC部を読み取る為、こんな感じに進化中!

出典:Coiny公式HPより

こんな端末もあります。

安価な端末ですが、19,800円前後かかるようです。

モバイル決済はスマホかタブレット+IC付きクレジットカード読み取り機が必要となり、手数料率が3,25%前後とだいたい同じ仕様となっています。

 

QR決済

中国などで爆発的に普及しているQRコード決済は、この読み取り機が不要です。

手数料もほとんどかからず、余分な設備はいらないということで屋台などでも普及しているようです。

ただ、国内のQR決済の裏にはCAFISなどの信用情報確認するものが潜んでいます。

出典:yahooのプレス発表記事より

つまり、国内でQRコード決済を行う会社は、その所有者がブラックリストに掲載されていないか?チェックしているので、その分手数料を取らないとコストが回収できず、従来同様3%前後はかかるということになってしまいます。

AirPAYなどでは、QR決済でも手数料を取られます。

<スポンサーサイト>

 

 

2018年から本格的に国内でもQR決済が進む兆しがあり、この手数料を3年間無料とするなどを宣言した会社が出てきました。

クレジットカードを持っていない人でもプリペイド式でカードを作れるLINEカードやSoftbank&Yahoo連合のpaypayなどです。

利用する人にも店舗にもメリットがあるQR決済なのですが、ビジネスとしてどう運用費を捻出するのか?が、各社のお手並み拝見という感じかと思います。

個人的には、クレジットカードを10枚近く持っていて、ApplePAYも設定しているのでわざわざアプリを入れQR決済をしようという気にはなれないのですが・・・

 

中国で驚異的に普及した「QR決済」を噛み砕いて説明します!

電子決済.comです。

電子マネーやクレジットカードを含めた「電子決済市場」が増えてQR決済が中国や韓国で爆発していますが、まだまだ日本国内では、本格的な普及のめどがたっていません。

でも、確実にキャッシュレス社会となる準備が進んでいきますので、今回は対話形式で噛み砕いた説明をしていきたいと思います。

 

QRコード決済は使っていますか?

いーくん
QRコード決済って知っていますか?

はてなさん
聞いたことはあるけれど、使ったことはないわ!

いーくん
ではクレジットカードや電子マネーは使っていますか?

はてなさん
2年くらい前にAppleペイが出来てからiPhoneで支払いをしたことはあるわ!

いーくん
「Appleペイ」と「QRコード決済」の違いはわかりますか?

はてなさん
Appleペイは下記のような店舗でiPhoneかざすだけで決済できるけど、QR決済はどう使ったらいいのか?わからないわ!海外から来た観光客だったら便利なので使っているかも?

↑Appleペイが使える店舗

いーくん
QR決済を実際に使ってみませんか?

はてなさん
そうですね!じゃあローソンで買い物してみましょうか!

 

ローソンでLINEpay/QRコード決済

中国国内ではアリペイ、ウィーチャットペイアプリでのQR決済が主ですが、日本人が使うには中国の銀行口座を作らないと使えないと言われていて、クレジットカード登録すれば使える?使えない?の情報が錯そうしています。

使える店舗もまだまだ少ないで、国内でサービスを展開しているLINEpayでの決済にトライしましょう。

→2017年1月よりローソン店舗でLINEPay決済が出来るようになっています。

 

まずは、LINEpayアプリをスマホにダウンロードして名前や口座情報などを入力し、出来上がったQRコードをお店(今回はローソン)でかざし読み取ってもらうことでプリペイドカードの金額内での決済が行われます。

suicaなど他の電子マネーとの比較

ローソンでは、さまざまの電子マネー決済が可能です。

出典:ローソン公式HPより

suicaなどの電子マネーをお持ちでしたら、LINEpayのQR決済とどちらがスピーディーか?

試してみてください。

きっとsuicaの方が速く処理出来ると思います。

QRコード決済は、スマホで決済する人がアプリを立ち上げて(事前登録必須)それをレジの読み取り機で店員が読み込んでもらって処理をするという流れなので、suicaなどオサイフケータイICカードの方はお客様がレジの読み取り機にかざすと処理される為速い時間で処理がされます。

QRコード決済のメリット

いかがでしたでしょうか?

クレジットカードや電子マネーカードを持っている方が、LINEpayのQR決済を新たに加えるメリットについては何も感じられません。

めんどうで遅い!

この一言です。

ユーザーにとってメリットがあるとしたら?高い還元率のポイント取得だけでは???

採用する店舗側は3年間手数料無料という恩恵があります。

LINEpayカード

QR決済をするとポイントが溜まりませんが、LINEpayカードを作ったらポイントが溜まります。

 

カードを作成するには、スマホに入っているLINEアプリからLINEpayカードの申し込みをしましょう。

一般的なクレジットカードではなく、銀行口座などよりお金を入れてから使うプリペイドカードなので、使いすぎるということはありません。

<クレジットカードでは無いプリペイドカードLINEpayカード

出典:LINE公式ブログより

 

 

【ゆうちょpay】(2019年2月~)は、「銀行pay」を活用!

電子決済.comです。 今日は新しい銀行の決済サービスのご紹介です。

ゆうちょPay

ゆうちょ銀行は、スマートフォンアプリを使って銀行口座から即時支払いできるサービス「ゆうちょPay」を、2019年2月をめどに始める予定です。

GMOペイメントゲートウェイが提供する「銀行Pay」の基盤システムを活用。同じシステムを利用している他銀行とも連携する計画。

by ITmedia News2018年5月21日記事より

 

日本郵政グループのプレス記事は↓

こちら

 

銀行pay

銀行Pay(OEM)とは

銀行Payとは、「スマホ」×「銀行の強みを活かした新たな決済手段」の提供により地域経済の活性化をご支援する、銀行口座と連動したスマホ決済サービスです。当社が、金融機関様向けにスマホ決済サービスのシステムをOEM(ASP型)提供し、金融機関様がサービス主体となり、スマホ決済サービスを口座保有者、法人顧客にご提供いただくサービスです。
今後も、決済を基盤としたFintechサービスとして、様々なシーンへの拡張性も備えています。

以下、GMOペイメントゲートウェイHPより抜粋

<イメージ図>

銀行Pay(OEM)の4つのポイント

  • ・参加金融機関の相互乗り入れを実現するマルチバンクにより加盟店の共有化に対応
  • ・決済手段は、銀行口座に加え、Alipay決済に対応(クレジットカード決済にも対応予定)
  • ・銀行ならではのサービスとして、キャッシュアウトサービスにも対応 (予定)
  • ・利用シーンの拡大に向け、POSレジや自動精算機等との連携も可能

↑このプラットフォームに「ゆうちょ銀行」が乗っかるということとのようです。

 

<利用者向けのアプリ>

 

 

 

 

 

 

使い方は中国のQR決済とほぼ同じで、銀行口座をあらかじめ登録して暗証番号入力もしくはQRコード読み取りでの決済が可能なようです。

<店舗向けのアプリ>

 

 

 

 

 

 

お店側で顧客管理出来る「お店アプリ」と同様にPUSH通知やクーポン、スタンプの発行も出来、POSアプリとも連動出来そうなので「現金決済」、「クレジット決済」、「電子マネー決済」+αとしてQR決済が可能になるマルチ決済POSが登場しそうです!

※運用上メリットが出そうなのが、

CASIO,SHARP製などのガチャレジを使っている店舗でレジを使わずにiPadで金額入力➡QRコード生成➡お客様スマホで表示されたQRコード読み取り&決済

ということが可能になりそうです。

もっと効率的な「自動精算機」

上記のガチャレジの場合、いちいち手入力で金額を入れるのが面倒ではないでしょうか?(POSアプリを作れば、自動表示させることは出来ます。)

それよりも画期的と思われるのが、無人の自動精算機に金額をQRコード表示させることが出来たら、「コインパーキング」などお釣銭がほとんどいらなくなり、現金回収の頻度も下がり願ったりかなったりになります。

※国内に500万台弱設置されている「自動販売機」の場合、すでに電子マネー対応が進んでいるためQR決済に移行するかどうか?は少し疑問を感じます。

その他の候補

現金払いが当たり前だったものがFintechとしてQR決済に置き換わる候補として、

「宅配便の代引き」や

「ラーメン屋など飲食店自動券売機」や

「フリーマーケット」などなど予想だに出来ないものが出てくるかもしれません。

 

 

口座数約4,000万の「Yahoo!ウォレット」にスマホ決済機能を追加。

電子決済.comです。 今日は、Yahooの新決済サービスのおはなしです。

 

2018年4月よりドコモの「d払い」でQRコード決済が始まりましたが、あまり話題にはなっていないようです。

メガバンク3社もシステム投資などを共同で行う新会社設立を検討しているそうですが、今年6月よりyahooからもスマホでQRコード対応するそうです。

プレス発表記事はこちら↓ ↓ ↓

https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/03/28a/

「Yahoo!マネー」(電子マネー)のみが対象ですが、払込票に記載されたバーコードを読み取り、自宅などで税金や公共料金を支払える「税金・公共料金のバーコード決済」の提供を4月より開始したそうです。

IT Media記事

バーコードによる決済方法は、
1. 「Yahoo! JAPAN」アプリ上に表示したバーコードを、店舗の端末やレジに提示する「みせる」決済(2018年6月開始予定)
2. 店舗側の表示するバーコードを、「Yahoo! JAPAN」アプリでスキャンする「よみとる」決済(2018年秋開始予定)

と、2通りの方式を提供するそうです。(バーコードは、1次元バーコードとQRコードに対応。)

 

実店舗への影響

2018年3月27日時点の電子マネー「Yahoo!ウォレット」口座数:3,984万だそうですが、あくまでインターネット上での決済手段なので、リアル店舗で決済に使うアクティブユーザーはどれくらいになるのでしょうか?

2016年5兆円を超えた電子マネー決済ですが、リアル店舗で利用されているトランザクション数や利用金額では、nanacoやWAONが圧倒的に多いはずです。(Suicaなど交通系電子マネーも)

QRコードをスマホで見せる決済は、レジの処理時間が電子マネーをかざすことよりも表示させるための時間や、読み取るタイミングがあったりして遅くなってしまうものと予測します。

ネット通販などがアプリを使ってコンビニなどで決済をさせるしくみを想定すると、クレジットカードを持たない人向けになるので、どれだけ普及するのか疑問を感じます。

 

個人商店でも手軽に採用出来る「よみとる決済」が、秋口にスタートするようなのでそれからが勝負になるのではないでしょうか?

中国本土を席捲したAlipay、We Chat Payはクレジットカードに紐付かない方式なのですが、日本の場合は楽天payなどQR決済にクレジットカード払いを組み込んでいます。

ドコモは、携帯料金決済というしくみを持っているので「d払い」にQR決済を入れることにメリットを感じます。

電子マネーとしてのYahooウォレットが、実店舗決済でどれほど影響を持てるのか?Watchしていきたいと思います。

 

追伸

2018年7月末「paypay」という会社となり秋ごろデビューの予定

QRコードスマホオーダー機能【日本美食Order】ラーメン店で本格展開スタート!

電子決済.comです。 今日は、スマホオーダーのおはなしです。

 

PR TIMESの2018年3月14日このようなQR決済のプレスリリースがありました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000022842.html

株式会社フリープラスのQRシステムを読み、外国人観光客持参のスマホで決済完了となるそうです。

確かに、ラーメン店では自動券売機でオーダーする商品名を押し、日本円を入れて購入するので外国人にはハードル高かったと思います。

<記事抜粋>

飲食店スタッフがオーダーをチェックする際には日本語に変換され、今後の機能としては、そのまま店舗が保有するキッチンプリンタ機能に転送することも想定しています。

という記事をみた限りでは、オーダーエントリーシステムとの連動はこれからということでしょうか?

システム的には、お客様のスマホからオーダーされた商品を店舗レジ親機に送れば、出力する側のキッチンプリンターの設定(IPアドレス)に文字情報を送るだけなので難易度は低いと思われます。

 

設置された「ラーメン四天王 道頓堀店」は、本社が東京都町田市にあるようですが、店舗は大阪の道頓堀通りにあるようです。

地図

まだ、QR決済でのオーダーをされたことのない方で、大阪に行く機会がありましたらミナミの繁華街道頓堀まで足を伸ばし「ラーメン四天王 道頓堀店」を訪問してみてはいかがでしょうか?

 

今後、このようなQR決済サービスが各地に広がっていく予感がしています。

3メガバンクがQRコード規格を2019年に統一へ

電子決済.comです。 今日は、銀行間での規格のおはなしです。

 

2018年2月27日、NHKニュースで

3メガバンク QRコード決済で規格統一 連携へ

との記事が発表されました。

記事の内容を確認すると、

3行は、早期のサービス開始に向けて協議を急ぐとともに今後、ほかの銀行にも統一規格の採用を呼びかけていく考えです。

日本経済新聞の翌日の記事には、

支払時に使う「QRコード」の規格を統一し、2019年度の実用化を目指す。

と掲載されていました。

 

コメント

中国や韓国などでは急速なキャッシュレス社会となっており、我が国でも重い腰をやっと上げたということなんだと思います。

ただ、これまでにも色々なQRコード決済をご紹介して参りましたが、非接触ICカードのFelicaというsonyの技術を使ったおさいふケータイ、edy,suica,waon,nanacoなどの電子マネーが5兆円市場になるまで15年程度かかりました。

ご参考までに2007年に管理人がまとめた「電子マネー2007年」ファイルを参照ください。2007電子マネー

11年経過していますがEdyが楽天に買収された以外は地道に各社伸びています。

ジワジワと浸透する電子マネーを横目に、国内でQR決済がそんなに急速に浸透しないのではないかと予測してしまいます。

訪日外国人対応としては、QRコードでお店の決済が出来ることはいいことです。

クレジットや電子マネー端末の読み取り機代金を払うことなく、紙に印刷したQRコードなどでの利用が日本人にも便利だという評価が広がれば、電子マネーよりも早く広がるのですが・・・

銀行側の思惑

歴史的な低金利の長期化で収益力が低下している大手銀行にとって、全国各地に展開している店舗やATMを維持するためのコストが重くなってきています。

NHKニュースには、このような銀行側の思惑も掲載されていました。

現金が動くことで銀行に恩恵があると感じていましたが、現在のような現金決済が大半の社会よりもキャッシュレス化された社会の方が、銀行側にもメリットがあるようです。

 

もう1つ「仮想通貨」に関しては、

「MUFJコイン」、「みずほマネー」、ゆうちょ銀行や70の地銀連携する「Jコイン」などが参入を表明していますが、

 

ネット上での海外送金などでメリットはあると思います。

しかし本当の目的は、仮想通貨を現金化する為に同じ土俵のプラットフォームを作っておくことではないでしょうか?

「ブロックチェーン(分散型元帳技術)」のスキルを上げ、仮想コインを使うことで銀行業務の省力化やコスト削減、あるいは顧客の利便性の向上を目指す方向性(FINTECHを行う)なんだと思えば仮想通貨を作るという決断を理解出来ます。

投機的な値上がりなどは考えていないのではないでしょうか?