Electronic settlement

今年6月に終了する「キャッシュレス還元事業」の次!

こんにちは!電子決済.comです。

あと3か月余りで政府が還元するキャッシュレス事業が終わってしまいます。

色々試したQR決済はPayPayに集約して使っていますが、2020年7月に入ると還元が無くなってしまうのでSuicaやクレジットカード決済に戻ってしまうのではないか?

と考えています。

沢山あるQRコードを共通化する動きもありますが、どうなっていくのでしょうか?

 

 

【マイナポイント事業】

以前こんな記事を書いていました。

↓ ↓ ↓

マイナンバーカードにポイントもらえるとどうやって使うのでしょうか?前回記事で、四条畷市で使えるAmazonpayの住民票発行手数料決済をご案内しましたが、政府はもっと大胆なことを画策しているようです。 ...

 

2020年1月7日総務省が「マイナポイント事業」HPを作成しました。

HPは、↓ ↓ ↓

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/

マイナンバーカードを取得すると設定できる「マイキーID」と対応する決済サービスを連携させることで、決済額の25%・またはチャージ額の25%が「マイナポイント」として還元されます。

還元額の上限は5000円。

国民総背番号制をめざす「マイナンバーカード」はあまり評判良くないようで、

国に消費内容をすべて把握されるという恐怖からでしょうか?

対象国民の15%くらいしか作られていません。

2021年から保険証としての利用をスタートするなど色々予定されているようですが・・・

普及促進策としてマイナンバーカードでキャッシュレス決済するとポイントを上げます。ということのようです。

 

しかし、現在の「キャッシュレス還元事業」に登録している事業者も、この「マイナポイント事業」に参加するには申込が必要なようです。

JPQRという統一基準を作って説明会なども実施していくようです。

詳しくは↓ ↓ ↓ご参照ください。

https://jpqr-start.jp/r2/

 

【所感】

QRコードを活用した決済は、ポイントがもらえるから使ってみようか?

という程度のものなので、

中国のAlipay,WechatPayのように爆発的に日本国内で普及するとは思えません。

実際にしていません。

PayPayが2000万人会員、200万店舗になったくらいで、ポイント還元でどの事業者も赤字だらけです。

ご高齢の方々に現金を使うなと言っても長年培われた習慣を変えることは難しく、日銀が紙幣を作れなくなるなどよっぽどの変革が無い限り日本人の現金主義が改まることは無いのではと思います。

世代ごとで考え方は変化していますので、キャッシュレスに抵抗が無い若い世代が主流となる頃までにはキャッシュレス決済が普及するのではないでしょうか?