JREポイント

Suicaで貯まる「JRE POINT」について調べてみました【2021年5月】

こんにちは!!電子決済.comです。

読者
読者
キャッシュレス決済する時にもらえるポイントの記事ってありましたか?
管理人
管理人
2019年のバレンタインデーにこんな記事を掲載していました!
買い物で貯まるクレジットポイントカードと電子決済!こんにちは!電子決済.comです。 電子決済を使う動機づけとして「ポイントが貯まる」というのが一番インパクトがあることは、PayP...
管理人
管理人
よくわかりにくいJRE POINTについて最新の情報を調べ直ししてみましょう!

JRE POINT

前払い(プリペイド)電子マネーカードで楽天edyに続いて8000万枚以上発行されているSuicaカード(mobile Suicaは1000万人超え)ですが、

2018年6月28日にクレジットのVIEWサンクスポイントがリニューアルされ、「JRE POINT」となりましたが、利便性はあがっているのでしょうか?

WEB登録

まず、JRE POINTを貯めるには、事前にSuicaのWEB登録が必要です。

 

管理人の登録カードは↓ ↓ ↓

※ポイントカード登録がありませんね!以前は使っていましたが、あまりポイントが貯まらず期限切れとなっていたので放置していたので登録しました。↓ ↓ ↓

これで買い物の時にJRE POINTが貯まるようになったと思います。

使えるお店

JR東日本のエキナカで使えるのはわかっていますが、それ以外でもこんなお店でポイントが貯まるようです↓ ↓ ↓

イトーヨーカ堂系列や紀伊国屋書店、コナカ、青山などでもポイントが貯まるのですね!

ポイントの貯め方

公式HPの説明はこんな感じです↓ ↓ ↓

実際のJRE Pointアプリにログインした画面は↓ ↓ ↓

※ポイント「238」の右をタップして明細をみようとすると「第二暗証」を入力求めらますので忘れないようにしましょう。

ポイント履歴

5月3日にポイントを3000円分モバイルSuicaにチャージしました。以前は、駅のATM 「VIEW ALTTE」でしかチャージ出来なかったり、翌日でないと処理出来なかったりしていましたが、改善されていますね!

ビューカード利用分135ポイント内訳は、VIEWカードの管理画面から確認できました。

5月は9000円分をモバイルSuicaにチャージしていたのでその1.5%である135ポイントが付与されています。

※スマホには238ポイントと表示されていましたが、中身がわからないですね・・・

更に、4月分をスマホアプリで確認すると

ビューカードの435ポイント以外に在来線乗車ポイントが貯まっています。このポイントが集計されているのでしょうか?公式HPを見てみると

①乗車券としてのSuica利用で貯まる。

ということなので4/11週の5ポイントが4/19に付与されていますが、うーん238ポイントになっている中身は解明できないです。

 

ただ、とにかくモバイルSuicaの方が4倍ポイントが貯まりますし、チャージで1.5%のポイントが貯まりますのでモバイルSuicaにする方が断然お得になります。

②JRE POINTカード提示で貯める

JRE POINTカード・アプリのバーコード・JRE POINT会員番号が記載されているビューカードいずれかの提示が条件ですが、ポイントが貯まることを意識していませんでした。

ということなのですが、先程の4月明細を良くみてみると、4月1日「NEW DAYS(セルフ)」で2ポイント貯まっていました。

エキナカのアトレ、エキュートでの買い物や自販機や車内販売などでのSuica利用でポイントが貯まるみたいです。

買い物で貯める

このアプリは使っていなかったので、全然ポイントが貯まっていません。

恐らくですが、より買い物でポイントがつくようにしたクレジットカードがJRE CARD(2年目以降年会費税込524円)で

駅ビル・JREMALL優待店限定ですが通常のポイント還元0.5%にプラスして3%が付与され、加盟店でも1.5%が付与されます。

今ならこんなキャンペーンやっています↓ ↓ ↓

従来のVIEWカードよりもかなり太っ腹ですね!(2021年5月1日~7月31日まで)

ただ、駅ビルのクレジットカードでは従来より5%OFFで有名な「ルミネカード」があったハズです。(2年目から年会費税込1,048円)どっちがお得なんでしょう?

※公式HPのキャンペーンサイトは➡こちら

その他

JRE MALLネットショップでの買い物や、えきねっとポイント・JRホテルメンバーズポイント(JRHMポイント)を交換してJRE POINTに交換できます。

ポイントをSuicaにチャージ

貯まったポイントは、モバイルSuicaにチャージしてSuicaとして使えます。以前は、VIEWカードにログインしてビューサンクスポイントをモバイルSuicaへチャージしていました。

現在は、このようにJRE POINTアプリからチャージが出来ます。

とっても便利になりました。

まとめ

管理人は、JALカードSuica普通カード(年会費税込2200円)を所持しているので、モバイルSuicaチャージ用として使い続けてきました。

最近は、JALに乗って移動する機会もなくなりましたので、JRE CARDに変更した方が良いのかと思っていましたが、拠点を大阪に移転してしまったので、今更クレジットカードを変更する必要性も薄いのかと思います。

しかし、首都圏在住で毎日の通勤にモバイルSuicaを利用している1000万人以上の方々は、よりポイントが貯まりやすいJRE CARDに乗り換えした方がメリットが多くなります。

ただ、JR東日本グループでのポイントを統合したJRE POINTはアプリが別々で良くわかりませんでした。

ログイン時が結構ハードル高いです!

セキュリティー重視のJR東日本らしいのかとも思いましたが・・・丸一日がかりで登録作業をした苦い記憶が残っています。

今でも「えきねっとポイント」と「JRホテルメンバーズポイント(JRHMポイント)」が別々に存在しているので早く統合して欲しいですね。

※別々に登録していた登録情報をまとめるのって結構というか?とっても大変なので、JR東日本のアプリがもっともっと使い易くなれば良いと願っています。

【年会費実質無料のビックカメラSuicaカード】

JRE東日本のクレジットカードJRE POINTカードの2年目以降年会費が税込524円がかかります。実質年会費無料でモバイルSuicaにチャージ出来るクレジットカードは、「ビックカメラSuicaカード」です。

※初年度無料 2年目以降477円(税抜き)ですが、前年1年間でのクレジット利用で2年目以降も無料となるのがうれしいです。

<注>本ブログ掲載内容は、2021年5月現在の情報です。最新情報につきましては、JRE POINT公式HPをご参照ねがいます。➡公式HP

 

 

【おことわり】

本ブログ記事に掲載している情報は、アップロードした日付時点での情報となります。古くなりました情報につきましてはなるべく最新版に修正をしていきますが、キャンペーン情報などの最新情報等々につきましては各々の公式HPを参照いただきますようお願い申し上げます。

また、本ブログ内情報に万が一「間違った情報」が含まれていた」場合でもあらゆる影響につきまして保証は出来かねますことご了承願います。

本ブログ内記事は、単なる情報集約をする「まとめサイト」とは違い、管理人が実際に利用したことや独自に調査した内容について丁寧に説明をしております。