paypay『電子決済』は普及するのでしょうか?

電子決済.comです。 大々的にTVで流れていたお話です。

PayPay

ソフトバンクHPのプレス発表によりますと、

ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)とヤフー株式会社(以下、ヤフー)の合弁会社であるPayPay(ペイペイ)株式会社は、バーコードやQRコードを使って決済ができる新たなスマホ決済サービス「PayPay」の提供を2018年秋から開始します。また、「PayPay」の提供に当たっては、ソフトバンク・ビジョン・ファンドのポートフォリオカンパニーで、インド最大の決済サービス事業者であるPaytmと連携し、同社の顧客本位のテクノロジーを活用して日本におけるスマホ決済を構築しサービスを拡大していきます。

日本は現金(紙幣・貨幣)で支払う習慣が根強く、現在のキャッシュレス決済比率は20%にとどまります。政府がキャッシュレス決済比率を2025年までに40%、将来的に世界最高水準の80%にすることを目指してキャッシュレス化を推進する中、ソフトバンクとヤフーは日本のキャッシュレス決済の普及を促進し、利用者と加盟店の双方に利便性の高いサービスを実現するため、2018年6月に合弁でPayPay株式会社を設立し、今秋から「PayPay」を提供します。なお、このたび連携するPaytmは、インドでデジタル決済のエコシステムをリードし、バーコードやQRコードベースのテクノロジーを開発しています。3億人以上のユーザーと800万の加盟店にシームレスなモバイル決済サービスを提供しています。

PayPay株式会社とソフトバンク、ヤフー、Paytmは、ソフトバンクや口座数4,000万超の「Yahoo!ウォレット」の顧客基盤を活用した利用者の拡大、ソフトバンクが持つ営業ノウハウを生かした加盟店の獲得、Paytmの技術を活用した利便性の高いサービスの開発を進め、スマホ決済におけるユーザー数ナンバーワン、加盟店数ナンバーワンのサービスを目指します。

なお、「PayPay」の提供開始に伴い、現在ヤフーが提供している「Yahoo!ウォレット」のスマホ決済機能は、今後提供を終了(時期未定)し、「PayPay」とYahoo! JAPAN IDを連携させ、「Yahoo! JAPAN」アプリから「PayPay」の機能を利用できるようにする予定です。

コメント

やっとと言いますか、遅ればせながらSoftbankとyahoo連合がインドのPaytmの技術を使って国内市場を取りに来た!

という感じなのでしょうか?

pointは、クレジット端末や電子マネー端末導入時に必要な初期費用が無いこと。

また、店舗側が負担する決済手数料を開始から3年間は無料の2点です。

現金決済が大好きな日本人がどこまで変化するのか?今年の秋以降注目です。

TVでローソン端末での決済速度を放映していましたが、スピードでは電子マネーの方が速いのですでにクレジットや電子マネー端末を導入されている店舗にはあまりメリットがありません。

「ターゲット」は、今までまったく電子決済を考えていなかった零細な屋台や個人店舗などになるのではないでしょうか?

 

 

口座数約4,000万の「Yahoo!ウォレット」にスマホ決済機能を追加。

電子決済.comです。 今日は、Yahooの新決済サービスのおはなしです。

 

2018年4月よりドコモの「d払い」でQRコード決済が始まりましたが、あまり話題にはなっていないようです。

メガバンク3社もシステム投資などを共同で行う新会社設立を検討しているそうですが、今年6月よりyahooからもスマホでQRコード対応するそうです。

プレス発表記事はこちら↓ ↓ ↓

https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/03/28a/

「Yahoo!マネー」(電子マネー)のみが対象ですが、払込票に記載されたバーコードを読み取り、自宅などで税金や公共料金を支払える「税金・公共料金のバーコード決済」の提供を4月より開始したそうです。

IT Media記事

バーコードによる決済方法は、
1. 「Yahoo! JAPAN」アプリ上に表示したバーコードを、店舗の端末やレジに提示する「みせる」決済(2018年6月開始予定)
2. 店舗側の表示するバーコードを、「Yahoo! JAPAN」アプリでスキャンする「よみとる」決済(2018年秋開始予定)

と、2通りの方式を提供するそうです。(バーコードは、1次元バーコードとQRコードに対応。)

 

実店舗への影響

2018年3月27日時点の電子マネー「Yahoo!ウォレット」口座数:3,984万だそうですが、あくまでインターネット上での決済手段なので、リアル店舗で決済に使うアクティブユーザーはどれくらいになるのでしょうか?

2016年5兆円を超えた電子マネー決済ですが、リアル店舗で利用されているトランザクション数や利用金額では、nanacoやWAONが圧倒的に多いはずです。(Suicaなど交通系電子マネーも)

QRコードをスマホで見せる決済は、レジの処理時間が電子マネーをかざすことよりも表示させるための時間や、読み取るタイミングがあったりして遅くなってしまうものと予測します。

ネット通販などがアプリを使ってコンビニなどで決済をさせるしくみを想定すると、クレジットカードを持たない人向けになるので、どれだけ普及するのか疑問を感じます。

 

個人商店でも手軽に採用出来る「よみとる決済」が、秋口にスタートするようなのでそれからが勝負になるのではないでしょうか?

中国本土を席捲したAlipay、We Chat Payはクレジットカードに紐付かない方式なのですが、日本の場合は楽天payなどQR決済にクレジットカード払いを組み込んでいます。

ドコモは、携帯料金決済というしくみを持っているので「d払い」にQR決済を入れることにメリットを感じます。

電子マネーとしてのYahooウォレットが、実店舗決済でどれほど影響を持てるのか?Watchしていきたいと思います。

 

追伸

2018年7月末「paypay」という会社となり秋ごろデビューの予定