タブレットと使うクレジット端末はシンプルです

電子決済.comです。 今日はシンプルなクレジット決済端末のお話です。

タブレットと使うクレジット端末

従来、百貨店やスーパーなどで取扱うクレジットは、CAT端末という電話回線orインターネットを通じてブラックリストかどうかを確認するものを使っています。

f:id:oosakazamurai:20171026114501j:plain

クレジットカードを取扱うには、厳しい店舗の審査があり信用力が低い個人店舗などでは手数料率が高く導入をためらう店舗が多いのが実態でした。

Square

タブレットと使うクレジット端末 前回掲載していますSquareはタブレットに差し込み使うのですが、審査は簡単で指定口座を確認する程度で導入が可能です。

VISA、MasterCard、 American Express、Diners Club、Discoverカードの決済手数料 ➡3.25%

JCBカードの決済手数料 ➡3.95%

他にも3社ほどBlueTooth接続でタブレットと繋いで使用するものがあります。

Coiney

・カード決済はわずか3ステップの操作 ・ICチップ対応 ・決済を行ったらすぐにクラウドに同期 ・取引情報やサインなどはすべてデジタルデータで保存 ・端末無しでWeChatpay,ペイジに対応

・19,800円端末キャッシュバックキャンペーン中 ・決済手数料は、VISAなどは3.24%、JCBなどは3.74%

・最短11日で着金、10万円以下振込み手数料200円 ・連携するPOSレジ/OrangeOperation、スマレジ、Bionly、POSCUBE、Regipad、POS+、ラクレジ、free、MAIDOPOS、MFクラウド、ユビレジ

f:id:oosakazamurai:20171026114751j:plain

Coineyターミナルでは、交通系電子マネーにも対応しているようです。

すべてApple製品 (Applepay対応製品のみ)

iPhone X, 8 / 8 Plus,7 / 7 Plus
iPad Pro10.5,iPad 第6世代,第5世代
iPad mini4

楽天PAY

・特徴はほぼCoineyと同じで手数料率も同じ

・楽天銀行の場合、当日23時50分時点での売上を、翌日に振込手数料無料で自動振込 ・楽天以外の口座へは振込手数料210円

・2017年7月31日より電子マネー対応(決済手数料3.24%)

・アップルペイ、クリックペイ、IDは決済手数料3.74%

・楽天ポイントに対応 ・端末無しで楽天ペイ アプリ決済対応(ローソンで使用可)

・18,800円の端末キャッシュバックキャンペーン中 ・連携するPOSレジ/OrangeOperation、スマレジ、Bionly、POSCUBE、POS+、ユビレジ

f:id:oosakazamurai:20171026114841p:plain

QR決済にも対応し使える店舗も増えてきました。

AirPAY

・特徴はほぼ楽天ペイと同じで手数料率もほぼ同じ

・振込手数料は全ての銀行で0円 ・着金は最短で6日

・19,800円の端末キャッシュバックキャンペーン中 (6ヶ月以内にAirペイを使って6万円以上の決済を行うこと)

・端末無しでALIPAY、LINE PAY、Bitcoin等に対応

・連携するPOSレジ/Airレジ ・Tポイント、ponta、waonポイントが使えるPOICHI有り

・その他受付管理、予約管理など無料アプリ有り

<スポンサーサイト>



まとめ

いかがでしたでしょうか?

全てのモバイルクレジット端末に共通することは、手数料率が低い、着金も速い、手軽に持ち運び出来ることです。

各社特色を出して競合していますが、これから店舗出店を考えている方はリクリートのAirPAY&Airレジから検討してみませんか?

思っているよりシンプルで簡単に導入出来ます。