Squareが新決済端末を発表

こんにちは!電子決済.comです。

2019年3月26日Squareからこんな案内メールがありました。

Squareからの案内

SQUARE
新しいSquare Reader、登場。
Image
使いやすく、これ一つで、安心
カードの挿入がよりかんたんに。決済スピードもさらに早く。
長時間バッテリー。別売りの専用ドックで充電しながらの利用も可能。
Bluetooth接続で、イヤフォンジャックがない端末にも対応。
電子マネー決済も対応予定。
現在ご利用の端末とSquareアカウントで、そのまま利用可能。
磁気専用リーダーも同梱されているので、安心。
加盟店のみなさまへ、お得なお知らせ
現在、新しいSquare Reader(税込 7,980円)を無償で入手いただける加盟店さま専用プログラムを準備しています。プログラムの準備が整い次第、4月中を目処に順次ご案内させていただきますので、しばらくお待ちください。
上記プログラムを利用せずに Square Reader(税込 7,980円)をご購入、利用開始いただくことも可能です。
詳しくはこちら
Image
カウンターでの決済にも対応
Square Readerを別売りの専用ドック(2,000円)にセットすることで、充電しながらの利用も可能。
Image
現在ご利用中のICカードリーダーは、継続してご利用いただけます。保証期間内の無償交換もできます。2019年3月26日以降、新規販売に限り終了させていただきました。
Squareサポート
Squareサポートへのお問い合わせ方法について詳しくはこち
電話番号 0120-117-042(フリーダイヤル)
受付時間 10:00~18:00(土日・祝日営業、年末年始・臨時休業日除く)

 

こちらの記事

も参考になります。

2019年後半のアップデートで電子マネーでの決済にも対応予定だ。スマートフォンやタブレットとBluetoothで接続でき、POSレジアプリと連携する。価格は税込7980円だそうです。

 

クレジットカードと電子マネーカード読取機

2013年ころから「モバイル決済」と呼ばれたCoiny,AirPay,楽天などですが、接触式ICクレジットカードも電子マネーも使えるBluetooth接続の端末が18,000~19,800円前後で提供されています。(0円キャンペーンなど各社で行われていますが)

Squareは、電子マネー対応は出来ない安価な端末を提供していましたが、今後は新端末を提供する模様。

三代目となった電子マネーにも対応するSquare Readerは7,980円(税別)と価格も安価で、三井住友銀行グループがSquareの事業者導入を支援するようなので広まる可能性ありますね!

QRコード決済は?

「QRはソフトウェアサービス。アプリは今後アップデートできるので、状況が変わる中で対応していく」とSquareでハードウェア担当責任者のジェシー・ドロガスカー氏が述べたそうです。

ということは、QRコード決済が増えていったタイミングで対応を考えるという意味なのかと思います。

QRコード決済がマルチに出来るAndroid端末は、3-4万円前後はするのでこの新型Square端末でQRコード決済にも対応してくれたら魅力的です。

 

POSレジも

一緒にSquare StandというiPadを装着するタイプのシンプルなPOSレジも発表されました。

出典:CNET JAPAN記事より

簡単な設定ですぐに利用でき、カード決済、売り上げ分析、在庫管理、請求書の発行などが可能。また、レシートプリンターやバーコードスキャナも接続でき、高機能なPOSレジとして使うこともできるといいますが、タブレットPOSアプリの中ではまだまだ使い勝手が良いとは思えないので、無料アプリAirレジ並みになっているのでしょうか?

StandにはSquare Readerが同梱され、タッチ決済などにも対応していてセット価格は、税込3万2980円だそうです。

スポンサーサイト