あらゆる決済に対応するマルチ端末はある??

こんにちは!電子決済.comです。

これから店舗でQRコードなどの電子決済を始めようと考えている店舗様へ審査内容などご案内してきましたが、無料で始めた場合はQRやカードの読取装置(以後「端末」と呼びます)があった方が便利で処理時間も短縮出来ます。

電子マネーのマルチ端末

クレジットカードやポイントカードの磁気ストライプをスキャンしてデータを読み込み、ブラックリストに入っていないかを照会(オーソリ)する端末は、複数のサービスに対応していませんでした。

「電子マネー」を複数扱えるマルチ端末として最初に登場したのはヤマト運輸関連会社のヤマトシステム開発より販売されています。

それからすぐに三菱UFJ銀行とJR東日本関連会社で共同開発したJ-MAPSが登場!

続いてkazappiというNEC系列会社からも登場しています。

これらの端末では電子マネー提供している会社との契約が無くても一括で代行してくれるので便利です。

クレジットも電子マネーも扱うマルチ端末

その後、楽天pay、AirPay、Coineyなどが電子マネーもクレジットも扱える端末をBlutooth接続で使える端末を提供しています。

QR決済も電子マネーもクレジットカードも扱えるマルチ端末

昨年から勢いを増している「QR決済」対応端末で、電子マネーもクレジットカードも扱える本当のマルチ端末が続々と登場してきました。

決済代行・オンライン決済サービスを手がけるソフトバンク・ペイメント・サービスは、マルチ決済端末「VEGA3000」の提供を開始しています。

前回紹介しているモバイル決済端末「StarPay(SUNMI V1)」も取り扱うようです。

他にも

PAYFATE Stationというマルチ端末があり、動画がyoutubeで閲覧出来ます。

電子マネーは未対応ながら3万円を切る価格で登場したのが「A8ポータブル決済端末」です。

HPは➡ こちら

各端末に入っているQRコード決済アプリを見てみるとAmazonpayは入っておらず、独自路線を貫いているものと思われます。

Amazonpay端末

Amazonpayの無料タブレットはNIPPONタブレット株式会社より提供されています。

クレジットカードはSquareと連携されているようで、QR決済はドコモのd払い、プリン、WeChatPayが使えるようです。電子マネーまでは対応がされていないようです。

このタブレットを使って「翻訳サービス」や「集客」「BGM」「店舗カメラ」などのソリューションも売り込んでいるというのが、他のQR決済とは違うところですね。

LINEpay専用端末

LINEはネットスターズと協力して、前掲しているSUNMI端末提供をしています(約35,000円/台)が、

独自端末も開発したようです。

こちらの「LINE Pay 据置端末」は1年契約がマストで月額1,500円/台となっています。

白色もあるようです。

まとめ

10年以上前は、電子マネー決済をするのも高価な端末が必要でしたが、価格的にかなり安価になってきました。

ただ、大手コンビニのようにレジと連動してあらゆるマルチ決済対応するには開発費用がかかります。

お店で使うレジアプリと連動しているマルチ決済端末ですと便利ですが、扱えるQR決済やクレジットブランド、電子マネーなどの制限などがありますので採用を検討される店舗様では、どのマルチ決済でどのアプリに対応しているのか?も必ず確認をした上で導入して下さい。

電子決済インフラを強化する上に於いて、マルチ端末が手ごろな価格になってきたことは追い風になるのではないかと思います。

 

multi terminalの最新記事8件